キニナルーツ

とにかく気になるワードをとことん調べつくすよ

スポンサーサイト

Posted by acton on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いきなりガラガラうがいはNG!?「正しいうがいのやり方」とは?

Posted by acton on   0 comments   0 trackback


さぁ、うがいが大切になる季節がやってきました。
たかがうがいと思うでしょう?
誰もが一度は思う「うがいって本当に効果あるの?」ということ。
しかし、水うがいをした人は40%も風邪を防げるという研究結果がちゃんとあるようです。正しく効果的なうがい方法を知って風邪を撃退しちゃいましょう。
今回はうがいの大切さをもっと知ってもらうために、色々調べてみました。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        
うがいってそもそもどんなもの?


うがいは、様々な感染症の予防の基本です。日常の健康管理そして感染症の予防のために行うものです。
のどは想像以上に細菌等に汚染されています。細菌等を洗い流してしまうことは、非常に効果的な感染症の予防方法だといわれています。
機械的な洗浄効果や、さらにうがい薬を用いた場合は、殺菌力や化学的洗浄効果によって、口腔を通じて侵入してくるウイルスや細菌などに対して効果を発揮します。うがいによって、口の中がスッキリしてリフレッシュした気分になったり、口臭を防いだり、虫歯や歯周病を防ぐのもこれらの効果の組合わせによるものです。

人の防御機能への効果


空気中の細菌やウイルスなどに対する人の防御機能として、まず、だ液などの分泌液には殺菌成分が含まれています。α-連鎖球菌などの口腔内の微生物は、外から来る細菌などが定着するのを防いでいます。ノドには細かい毛(線毛)と、その表面に粘液があり、この粘液が細菌やホコリなどをとらえ、線毛運動が粘液といっしょにこれらを外にむかって追い出します。それらを乗り越えて肺にまで達するものもいますが、肺にはマクロファージという細胞がいて、細菌を食べて消化して殺菌します。肺の好中球も同じように菌を殺します。

うがいは、口腔やのどを洗浄して、細菌やちり・ホコリなどを粘液といっしょに除きます。
また、のどを適度に刺激して粘液の分泌や血行を盛んにしたり、のどの潤いを保って、線毛運動の衰えを防ぐという効果が考えられます。

いきなりガラガラうがいはNG



いきなりガラガラうがいはNGです。口の中の細菌が、うがいの水でノドに運ばれてしまいます。まずはクチュクチュと、口の中だけをすすいで吐き出しましょう。

1.うがいがしやすい量の水、またはうがい薬を希釈したものやお茶などをコップにとります。
2.まず、残った食べ物などを取り除く目的で、口に含んで強くうがいします。
3.次に、上を向いてのどの奥まで液が回るように15秒程度うがいします。
4.3と同様に15秒程度のうがいを何度か繰り返します。

色々なうがいのやり方


1.イソジンうがい
風邪予防には水でうがいをするよりもイソジンうがいの方が効果があるように思いがちですが、イソジンうがいをしている人は、水うがいどころかうがいをしない人たちと同じぐらい予防効果がないという報告が。これはヨード液がのどに常在する細菌叢を壊して風邪ウィルスの侵入を許したり、のどの正常細胞を傷害したりするためと考えられているようです。

2.塩水うがい
水道水では発熱の頻度が70%になったのに対し、塩水では50%になったという報告があります。塩水には喉の痛みをやわ
らげ、アレルゲンや菌類などの刺激物をのどから取り除く効果があります。コップに塩ひとつまみほど入れてうがいをしてみましょう。

3.緑茶うがい
水道水では発熱の頻度が70%になったのに対し、緑茶では32%になったという報告があります。お茶に含まれているカテキンには殺菌作用があるので、インフルエンザなどのウイルス性感染症を防ぐ抗ウイルス性効果があるといわれています。

4. 紅茶うがい
紅茶は緑茶を完全発酵させた茶葉なのでカテキンの作用がより強まるそう。ワクチンはウイルスの型と一致しないと効きませんが、カテキンは型に関係なく効果が期待できます。ちなみに紅茶を飲むのではだめで,ミルクティーも効き目がないそうです。

5.オイルうがい
スーパーに売っている普通のゴマ油を使ううがい法。喉の痛みや乾燥に効果的なんだそうです。詳しいやり方はリンク先でどうぞ。





スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://nicodoug.blog76.fc2.com/tb.php/14-cccd1aa1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。